ひざがしっかり伸びない

当院に膝の痛みで来院される方の多くは、ひざ裏がベッドに付かず浮いてしまっています。
膝が伸びない状態で生活をしていれば、膝には相当の負担がかかります。

試しに少し膝を曲げた状態でしばらく歩いてみると、すぐに太ももが疲れてきてしまいます。
膝が伸びるということが歩行においてとても大事だということが認識できると思います。
だからこそ早急にこの状態を改善させる必要があるのです。

整形外科でレントゲンを撮ると、おそらく『軟骨が擦り減っている』とか『変形している』とか言われて、注射を打たれたり、湿布や痛み止めの薬を処方されるだけですし、リハビリに回されても、機械的にホットパック→電気→マッサージを毎回繰り返すだけです。

残念ですが、これではあなたの膝は良くなることはありません。

伸びない膝を伸びるようにするには、
・正しい知識
・正しい施術
・正しいセルフケア
がとても大切になってきます。

当院では正しい施術を提供するのはもちろんですが、正しい知識をお伝えし、その上で正しいセルフケアを覚えて実践していただくことで早期改善が見込めると考えております。

このままではこの先不安だ、なんとかしたいと思っていらっしゃるのであれば、是非当院にお問い合わせください。あたしはあなたのその思いを受け止め、より良い未来の生活のために最善を尽くすことをお約束いたします。

ひざの痛み(変形性膝関節症)について詳しくはこちら

ひざの痛み(変形性膝関節症)

この記事に関する関連記事